足裏や足の甲には身体全体の器官や臓器の反射区(リフレックス/ゾーン)が集まっています。左足には左半身の、右足には右半身の反射区が、また、足の指先に頭部の反射区、踵は腰の反射区というように体のつくりと対応して分布しています。この反射区の状態を指で感じながら刺激することにより、対応する器官や臓器にまで働きかけて活性化させるのがリフレクソロジー(反射区療法)です。
 この療法を施すのがリフレクソロジスト。私が技術を習得したアメリカでは、医療現場で働く、あるいは個人でオフィスを構えるリフレクソロジストが多いのですが、それだけに、1時間、2時間とじっくり施術し、クライアントを精神的にもサポートする「カウンセラー」のような役割を担っています。
 日本では「英国式」という言葉が一人歩きしていますが、実はリフレクソロジーの礎となる「ゾーンセラピー」が確立されたのは20世紀初頭、アメリカ人の外科医フィッツジェラルド博士によります。麻酔が発達していなかった当時、患者さんが手術の痛みを堪えようと足の裏や手のひらを物に押し付けているのを目にして、何か関連性があるのでは、と研究を始めたようです。
 もちろん、足裏を刺激して疲れを癒す方法は古代エジプトやアジアでも行われており、それを踏まえて博士がセラピーとして体系化、弟子たちによって世界中へ広まっていきました。あえて分類するなら、施術の特徴から「欧米式」と「中国・台湾式」とに分けるのが妥当でしょう。

 

 怪我や病気を自ら治そうとする「自然治癒力」は本来だれもが持っていますが、現代人の多くはストレスなどでその力が衰えています。それを高めるお手伝いをするのがリフレクソロジーです。血や気、エネルギーの流れをスムーズにし、体にたまった老廃物を出すという効用もあります。効果は如実に表れます。まず、表情が施術前と違い、目が輝いてぱあっと明るくなる。精神的に解放されるんですね。身体的には内臓が動き出してお腹が鳴ったりトイレに行きたくなったり、体がぽかぽかしてきたり。個人差はあるものの、凝りの軽減など効果は一週間程度続きます。また、回を重ねるうちに健康状態や性格までも映す足の顔、足の表情がだんだん変わってきます。
home
Session Menu
reflexologist
school
articles
events
Goods
info
contact